山田風太郎賞

戦後日本を代表する大衆小説作家、故山田風太郎氏

2017年10月23日 第八回 山田風太郎賞が決定

『ヒストリア』 池上永一
(KADOKAWA)2017年8月刊

著者略歴
池上 永一 (いけがみ・えいいち)※年齢は2017年10月23日現在
1970年沖縄県那覇市生まれ、のち石垣島へ。47歳、男性。94年、早稲田大学在学中に「バガージマヌパナス」で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。98年、『風車祭(カジマヤー)』が第118回直木賞候補となり話題となる。以後、『レキオス』や『シャングリ・ラ』などの壮大なスケールのSF作品、『テンペスト』『黙示録』などの沖縄を舞台にした歴史時代作品などで注目を集める。南米文学に影響を受け、沖縄との共通点を見出してマジック・リアリズムを作品に取り入れている。著書に『トロイメライ』『夏化粧』『統ばる島』など多数。

2017年9月29日 第八回 山田風太郎賞 候補作品が決定

『ヒストリア』
池上永一
KADOKAWA
2017年8月刊
『敵の名は、宮本武蔵』
木下昌輝
KADOKAWA
2017年2月刊
『腐れ梅』
澤田瞳子
集英社
2017年7月刊
『夜行』
森見登美彦
小学館
2016年10月刊
『盤上の向日葵』
柚月裕子
中央公論新社
2017年8月刊
(著者名五十音順)