謎も、ファンタジーも、日常にある。角川文庫 人気キャラクターシリーズ

謎も、ファンタジーも、日常にある。角川文庫 人気キャラクターシリーズ<

TOP > 〈遺跡発掘師は笑わない〉シリーズ(桑原水菜)シリーズ紹介

遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠

「遺跡発掘師は笑わない」シリーズ

桑原水菜

「鬼の手」を持つ天才発掘師・西原無量の事件ファイル!

永倉萌絵が転職した亀石発掘派遣事務所には、ひとりの天才がいた。西原無量、21歳。右手に宿る“鬼の手”の力に依るものか、驚異的な頻度で国宝級の重要遺物を掘り当てる、若き発掘師だ。大学の調査発掘チームに請われ、萌絵を伴い奈良の上奏古墳へ赴いた無量は、碧玉“蓬莱の海翡翠”を発見。これを機に幼なじみの文化庁職員・相良忍とも再会する。ところが時を同じくして、現場責任者だった三村教授が何者かに殺害され……。