謎も、ファンタジーも、日常にある。角川文庫 人気キャラクターシリーズ

謎も、ファンタジーも、日常にある。角川文庫 人気キャラクターシリーズ<

TOP > 〈古典部〉シリーズ(米澤穂信)シリーズ紹介

氷菓

〈古典部〉シリーズ

米澤穂信

青春は、それ自体が謎である--ビターで優しい学園ミステリの名品!

「やらなくてもいいことなら、やらない。やるべきことなら手短に」神山高校高校に生息する省エネ型少年折木奉太郎に、なにかと問題を持ち込んでくる後輩・千反田える「わたし、気になります」--あざやかな謎解きと、やわらかく揺れる心、時として苦い解決、でも、光はいつもそこにある--学園ミステリ、現在進行形の最高傑作がここに。

特設サイト