謎も、ファンタジーも、日常にある。角川文庫 人気キャラクターシリーズ

謎も、ファンタジーも、日常にある。角川文庫 人気キャラクターシリーズ<

TOP > 「丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。」シリーズ

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。

「丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。」シリーズ

竹村優希

憧れの会社で、ツンデレ上司と事故物件調査!? 新入社員、頑張ります!

東京、丸の内。
本命の一流不動産会社の最終面接で、
大学生の澪は唖然としていた。
理由は、怜悧な美貌の部長・長崎次郎からの簡単すぎる質問。
「面接官は何人いる?」正解は3人。
けれど澪の目には4人目が視(み)えていた。
長崎に、霊が視えるその素質を買われ、
澪は事故物件を扱う「第六物件管理部」で働くことになり……。

イケメンドSな上司と共に、憑いてる物件なんとかします。
元気が取り柄の新入社員の、オカルトお仕事物語!

本当に、面白いんです!!!

「丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。」シリーズ発売中作品

「丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。」PV