TOP

第4回 角川文庫キャラクター小説大賞 作品大募集!

角川文庫の人気キャラクター小説とは?

爽やかな青春ミステリから、痛快なお仕事小説、不思議なあやかし小説。あらゆるジャンルを横断する優れたエンターテインメント作品の数々。面白さに条件はありません。それが角川文庫のキャラクター小説です。

第3回 角川文庫キャラクター小説大賞 受賞作発売決定

大賞『次回作にご期待下さい』(問乃みさき著)が2018年4月25日に、読者賞『地獄くらやみ花もなき』(路生よる著)が2018年5月に角川文庫より発売!!

大賞

『次回作にご期待下さい』

著者:問乃みさき(といの・みさき)
イラスト:杉基イクラ

審査員絶賛の才能、問乃みさきと『ナナマル サンバツ』で大人気の漫画家、杉基イクラが贈る、「漫画バカ」のための青春お仕事小説!!

試し読み 〉 人物紹介・詳しい内容はコチラ 〉 購入 〉
《あらすじ》
眞坂崇は、漫画専門の出版社で仕事に追われる、月刊漫画誌の若き編集長。落とし物をきっかけに、ビルの夜間警備員、夏目と知り合った彼は、奇妙な既視感を抱く。そんなある日、眞坂は偶然遭遇した火事で、建物に飛び込み、古い漫画雑誌を抱え戻ってきた夏目を目撃する。不思議に思い、同期の天才変人編集者・蒔田と共に調べめ始め、夏目がかつての人気漫画家だと気づくが……。愛すべき「漫画バカ」達の、慌ただしくも懸命な日々と謎を描くお仕事小説。
著:問乃みさき
【著者について】問乃みさき(といの・みさき)
東京都在住。2017年、第3回角川文庫キャラクター小説大賞〈大賞〉を受賞しデビュー。
《担当編集より一言》
第一印象から決めてました。これを絶対担当したい、って! この小説の舞台は漫画雑誌の編集部。マンガと小説、違いはあれど、「物語」を生み出す場としては共通しています。この作品を初めて読んだ時、根っからの漫画編集者、眞坂と蒔田の「面白いものを作りたい!」というひたむきな想いに圧倒されました。自分がどんなに面白いと思っても、その作品が「売れる」かどうかは、残念ながら別の話。そんな葛藤を抱えながらも、それでも自分にとって最高に面白い漫画を目指し、最高に面白い漫画を生み出してくれる漫画家さんたちの悩みを解消していく編集者たちの物語がこれ。謎解きあり、お仕事描写ありの、読み応えのあるお話です。私はこの小説に元気づけられ、今日も編集者をやっています。「物語」が好きなあなたへ、心からお薦めします。

読者賞

『地獄くらやみ花もなき』

著者:路生よる(みちお・よる)
イラスト:アオジマイコ

書店員さん熱烈支持の《読者賞》受賞作。罪深き人々を成敗する美少年・西條皓(しろし)、登場!

詳しい内容はコチラ 〉

第3回角川文庫キャラクター小説大賞
受賞作発表

2017年9月13日(水)に第3回角川文庫キャラクター小説大賞(主催=株式会社KADOKAWA)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

詳しくはこちら

第3回角川文庫キャラクター小説大賞
2次選考結果発表

第3回角川文庫キャラクター小説大賞は、総数344作のご応募をいただきました。1次選考通過作品36作より、厳正な審査の結果、下記の4作品を最終候補作として決定いたしました。

最終選考会は、2017年9月に行われる予定です。
選考結果は、弊社配信「小説屋sari-sari」(毎月7日配信)誌上で発表されます。
また、角川文庫キャラクター小説大賞サイトでは、選考結果を選考日当日に速報でお届けします。

詳しくはこちら

第3回角川文庫キャラクター小説大賞
1次選考結果発表

第3回角川文庫キャラクター小説大賞は総数344作のご応募をいただき、第1次選考通過作品36作を決定いたしました。

詳しくはこちら

新選考委員決定!

 株式会社KADOKAWAでは、「第3回角川文庫キャラクター小説大賞」より、新たな選考委員を迎えさせていただくことになりましたのでお知らせいたします。

選考委員

小路 幸也(しょうじ ゆきや):作家。広告制作会社を経て、2003年『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で第29回メフィスト賞を受賞しデビュー。『東京バンドワゴン』シリーズで人気を博す。著作は『札幌アンダーソング』シリーズなど多数。

高里 椎奈(たかさと しいな):作家。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。デビュー作をはじめとする『薬屋探偵』シリーズで人気を博す。著作は『うちの執事が言うことには』シリーズなど多数。

 第3回より選考委員に新たに両氏を迎えることにより、さらなる受賞作の向上に努めてまいります。