第36回

横溝正史ミステリ大賞最終候補作品

第36回横溝正史ミステリ大賞は総数196作のご応募をいただきました。
第一次選考通過作品21作より、厳正な審査の結果、下記の5作品が最終候補作として決定いたしました。

最終選考会は、2016年4月14日(木)に開催されます。
選考委員は、有栖川有栖・恩田陸・黒川博行・道尾秀介の四氏(五十音順)です。

選考結果は、弊社刊行「小説野性時代」誌上で発表されます。
また、角川書店ホームページでは、選考結果を選考日当日に速報でお届けします。

木逸 裕 虹になるのを待て
森谷 祐二 蹄の音を聞いたら縞馬ではなく馬だと思え
西式 豊 砂漠の島
児玉 郎 輪廻の月
斎堂 籐子 朝の眠り、夜の果実

第37回横溝正史ミステリ大賞は、新しい才能をひろく募集いたします。ふるってご応募ください。

++ 閉じる ++