特集

特集:一覧へ
第19回角川ルビー小説大賞 受賞者決定!

毎年輝く才能を発掘しているルビー小説大賞も今年で19回目。今年も魅力溢れる多数の作品をご応募いただきました。厳正なる審査の結果、見事1名の受賞者が決定しましたので、ご報告致します。

  • 大賞 賞金100万円+応募原稿出版時の印税/該当者なし
  • 優秀賞+読者賞 賞金50万円+応募原稿出版時の印税/『天下に見せよ、紅蓮の花嫁』佐竹 笙
  • 奨励賞 賞金20万円+応募原稿出版時の印税/該当者なし
優秀賞 読者賞
『天下に見せよ、紅蓮の花嫁』佐竹 笙
ストーリー

天狼の少年・志遠は、川に落ちたところを聖獣である天馬・碧青流に助けられる。意図せずとはいえ、天狼の立ち入りが禁じられている聖獣の領域に足を踏み入れてしまった志遠だったが、青流のはからいにより碧家の使用人となる。穢れを嫌う天馬は、肉を喰らう天狼を忌み嫌っているが、志遠は青流に恩を返すため懸命に働き、周囲からも認められるようになる。次第に青流に惹かれる志遠だったが、天狼の自分に好かれても困らせるだけだと、想いをしまいこみ...?

受賞者コメント

この度は素晴らしい賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。特に読者賞を頂戴できたことは望外の喜びです。拙い書き手の身ですので、よりよい話が書けることを目指してこれからも頑張ります。選考してくださった方々、また書くことを応援してくださった全ての方々へ感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

編集部講評

本作は異種族間の争いを軸に、運命的に出会った二人の交流をドラマティックな展開で描き、圧倒的な得票で「読者賞」を受賞しました。編集部からも高い構成力と読者のニーズを読み取り、作品に落としこむ力が高評価に繋がり「優秀賞」とのW受賞になりました。一方で、設定を盛り込み過ぎたため、壮大な物語が十二分に描き切れていない点が気になりました。作品の中で一番伝えたいことは何かという出発点に立ち返り、設定の取捨選択を行っていくよう心掛けていただければと思います。今後の活躍に期待しております。

編集部総評
第19回角川ルビー小説大賞にご応募くださった投稿者の皆様、ありがとうございました。
WEB投稿の受付を開始して、今年で2年目になりますが、WEBからの投稿が7割を超えるようになりました。
その影響か、今回は例年よりも設定に工夫を持たせた作品が多く寄せられたように感じます。
BL小説ジャンルの中でも、読者が好む設定やテイストは、その時々によって変化しています。また、レーベルによっても、得意とする作風、テイストは細分化しています。
書店の店頭や、ラインナップ、ランキングなど、そういった情報はネットに溢れています。
それらを踏まえ、戦略的に内容を精査して投稿する投稿者が増えてきている傾向を感じ、編集者としても嬉しく感じます。

その中で、最終選考に残った5作品は、レーベルに合った「ドラマチック」「夢のある恋愛」「ハッピーエンド」を踏まえた、エンターテインメント性に富んだ作品ばかりでした。
投稿したその先に、作家として活躍しうる自分だけの武器はあるのか、今一度自分に問いかけてみてください。

次回のご応募を編集部一同、心よりお待ちしております。

B評価

  • 『妖精王と契ってはいけない』 深城文代
  • 『鴉の王』 藤枝あとり
  • 『白熊皇帝と伝説の妃』 沖田弥子
  • 『アイスクリームはスプーンの上』 宇奈月ポルカ
第20回 角川ルビー小説大賞
只今応募受付中!
ページトップへ