スナックさいばら おんなのけものみち

自分の家賃は自分で払う。

zyoukyou.jpg


はい、いらっしゃいkuchibiru.gif

スナックさいばら、今回のお題は「わたしの上京ものがたり」

 

上京する前は、東京に行きさえすれば、

何か面白いことが起こるんじゃないかって

妄想でぱんぱんっclip_image004.gif

 

そういう時に思い描いているのは、ドラマで見たような

キラキラしたhikari002.gif「東京」hikari002.gifですよね。

 

私も、そうだったなあ。

 

絵を描く仕事がしたくって、

自分が思う一番オシャレな服を着て、

18で高知から出てきたけど、

あまっちょろい考えがぺちゃんこになるのに、

上京して1週間もかからなかった気がしますtameiki.jpg

 

美大の予備校に通い始めたら、

いきなり最下位

 

絵を描く仕事どころか、美大に入れるかどうかもわからない。

 

もー、どうしようdokuro022.gifて思いましたね。

 

こんなはずじゃなかった。帰りたい。でも帰れない。

 

あの頃、実家の経済状況はどん底で、

母親が持たせてくれた、ほとんど全財産の100万円も、

予備校に行くお金と家賃・礼金・敷金、

新生活に必要なものを買ったら、あっという間に

なくなっちゃったokane.gif

なけなしのお金をはたいて見送ってくれた気持ちを思ったら、

今更しっぽを巻いて、高知に帰るわけにはいかない。

不安で不安でしょうがないけど、だから必死でした。

 

あの頃は、毎日が背水の陣みたいな気持ち。

 

最初に住んだのは立川のとなりの日野って町。

家賃4万円の女子専用のアパートで、

日野も今は駅前に駅ビルが出来て立派になりましたけど、

当時は駅前の一等地が空き地。夜になると真っ暗でねmoon.jpg

 

せっかく高知から出てきたのに、高知より田舎!

 

やっと大学に受かったら、次に住んだのが東村山の、

やっぱり家賃4万円のアパート

 

忘れもしない、駅から歩いて20分のボロッボロの1Kでした。

 

そこから、歩いて30分の美大に通って、

夜は歌舞伎町のミニスカパブでアルバイトして、

夜中の12時過ぎの最終で帰る。

 

だから東京には裏口から入りました

すさんだ勝手口の方からねswitch.jpg

 

高知を出る時、思い描いていた「東京」とは

ぜんっぜん、違ってましたねtameiki.jpg

 

西武新宿線の終電なんてすごかったなあ。

泥酔してる人で満員。絶対座れないの。

 

みんな、酔っぱらってるから、ゲロ吐くし、

立ちション、座りションの人もいる・・・.jpg

 

疲れきったおっちゃんたちでぎゅうぎゅうの電車で、ずーっと立ちっぱなし。

痴漢をするような元気のある人は、ひとりもいませんでしたnikukyu_03.gif

 

やっとのことで駅に着いたら、

雨の日も風の日も、歩いて20分のアパートまで

帰らないといけないyukidaru.jpg

 

で、帰ると部屋に働いてない男が待ってる。

「おかえり」って言って、もちろん洗濯物もとりこんでない。

 

あーヤダヤダ、まったく何やってるんだかtameiki.jpgtameiki.jpg

娘には絶対受け継いでほしくない、負の遺産ですよ。

 

思い出すと、わーっclip_image004.gifclip_image004.gifclip_image004.gif叫びたくなるような、

情けない思い出がいっぱいclip_image004.gif

 

さあ、みなさんの上京ものがたりはどうだったんでしょうねranking01-4001.gif

ゆうゆうさん、いらっしゃーいarrow017.gif



お題