角川まんが科学シリーズ 恐竜キングダム

ニュース

2018.07.03お知らせ
7月11日、『恐竜キングダム』④⑤が同時発売!
2018.04.09お知らせ
『どっちが強い!?』最新刊&『恐竜キングダム』創刊キャンペーン!実施中!!
2018.03.22お知らせ
4月11日、『恐竜キングダム』シリーズ、3冊一挙発売予定!
2018.02.15お知らせ
角川まんが科学シリーズ「恐竜キングダム」、創刊決定!

恐竜キングダムへようこそ!

オールカラーまんが『恐竜キングダム』シリーズはかつてない壮大なスケールで5億4100万年前~人類が登場するまでの生物の歴史そのものを描いています。かっこいい翼竜や恐ろしいティラノサウルス、そしてプレシオサウルスやイクチオサウルスはもちろん、彼らの祖先も登場します。私たちの住む地球が宇宙に浮かぶただの乾いた岩のかたまりから、さまざまな生命を育む現在の惑星へと、どのように進化したのかが分かるでしょう。さあ、地球がこれまでたどってきた道のりにあふれている「驚くべき不思議」を、このシリーズを通して一緒に見ていきましょう!

監修:小林快次
写真:渋谷文廣

監修:小林快次(こばやし よしつぐ)

福井県出身。中学一年生で化石に出会い、収集をはじめる。大学時代アメリカに留学。日本人で初めての恐竜の博士号を取得。1年のうち4か月ほどは海外で発掘調査を行う、恐竜研究の第一人者。現在、北海道大学 総合博物館 准教授。

ユニークなクラスメートが繰り広げるおもしろストーリー!
『恐竜キングダム』シリーズでは、主人公たちがタイムマシンでワープし、5億年前から現代へと時間旅行をします。それぞれの時代でさまざまな生き物に対峙し、リアリティをもって活躍する姿が描かれています。読者である子どもたちは、こうしたストーリーを純粋に楽しむだけでなく、生命の進化について身近に感じるでしょう。意欲的な学習の第一歩として効果的です。
キャラクター

▲ダビンチ博士とXベンチャー調査隊の仲間たち。

地球の歴史図
オリジナルのオールカラーまんが、持ち運びやすいコンパクトサイズ!
壮大な時間旅行をオールカラーまんがで楽しめます。「三葉虫はどんな姿をしていたの?」、「目が五つもある生物・オパビニアがいた!?」、「ディメトロドンの卵はどんな形だった?」など未知の生物をいきいきと描きます。
見開き

※ページ内容は変更になる場合があります。

動物図鑑
まんが各章のおわりには、学習のための記事パートを収録。迫力ある生き物たちをリアルに描いています。日々発見、更新される新しい恐竜の知識をふんだんに盛り込み、細部まで最新情報にこだわってイラストで紹介します。進化の過程に即した科学データが、各章にちりばめられているので、子どもたちは恐竜の世界や進化の流れをたのしみながら、みるみるうちに知識を吸収することができます。
アノマロカリス

▲アノマロカリス

三葉虫

▲三葉虫

イクチオステガ

▲イクチオステガ

最新情報を収録
恐竜ファンにはおなじみ、世界的な恐竜研究の第一人者である小林快次先生(北海道大学総合博物館 准教授)が本書を監修しています。1年の3分の1を海外で研究や発掘調査に費やし、新しい発見を続ける研究者だからこそ、最新の恐竜知識を子どもたちに届けられます。

最新刊

※デザインは変更になる場合があります。