【角川書店】話題の新刊書籍




2017年

02月新刊

01月新刊


2016年


2015年


2014年


2013年


2012年


2011年


2010年


2009年


2008年


2007年


2006年




2017年02月新刊

東京クルージング
■東京クルージング
伊集院静
愛した君は何処へ──。伊集院静の出逢いと別れが凝縮した、奇跡の物語。
発売日:2017年 02月 03日
電子書籍配信日:2017年 02月 03日
定価(税込): 1728円
四六判
ISBN 978-4-04-103265-7-C0093
詳しくはこちら
ドキュメンタリー番組で出会った三阪剛という青年に作家の私は強く惹きつけられた。二人で作り上げた番組は成功し、全ては順調だった。だが、彼に病魔が迫った時、私は彼の忘れられない女性の存在を知らされる。

失われた地図
■失われた地図
恩田陸
日本を襲う謎の「裂け目」とは? 著者渾身の幻想ファンタジー!
発売日:2017年 02月 10日
電子書籍配信日:2017年 02月 10日
定価(税込): 1512円
四六判
ISBN 978-4-04-105366-9-C0093
詳しくはこちら
これはかつて失われたはずの光景、人々の情念が形を成す「裂け目」。かつて夫婦だった鮎観と遼平は、裂け目を封じることのできる能力を持つ一族だった。彼らの息子・俊平の誕生で、二人の運命の歯車は狂いはじめ

敵の名は、宮本武蔵
■敵の名は、宮本武蔵
木下昌輝
デビュー作『宇喜多の捨て嫁』で直木賞候補となった著者による最新長篇。
発売日:2017年 02月 25日
定価(税込): 1728円
四六判
ISBN 978-4-04-105080-4-C0093
詳しくはこちら
数々の剣客を斃し、二刀流を究めた宮本武蔵。 かの剣豪は、敵との戦いの末、なにを見たのか。 木下昌輝が武蔵の敵側からの視点で描き出した、 かつてない武蔵像がここに誕生する。

文脈力こそが知性である
■文脈力こそが知性である
齋藤孝
できる大人はつなげて考え、話す。教養を仕事や会話のなかで活かす技術。
発売日:2017年 02月 10日
電子書籍配信日:2017年 02月 10日
定価(税込): 907円
新書判
ISBN 978-4-04-082129-0-C0295
詳しくはこちら
頭がいいとは、前後の文脈、横のつながりで物事を理解し、考え、話ができることである。偉人から芸人まであらゆる知的な人を参照し、知性が滲む話術と文脈力の鍛え方を伝授する。『語彙力こそが教養である』姉妹編。

どっちが強い!?<br>ゾウvsサイ<br>どすこい重量バトル
■どっちが強い!?
ゾウvsサイ
どすこい重量バトル
ストーリー:レッドコード ストーリー:イカロス 監修:村田浩一 まんが:ブラックインクチーム
ゾウvsサイ――超重量級のぶつかり合い! ド迫力対決の勝敗やいかに!?
発売日:2017年 02月 16日
電子書籍配信日:2017年 02月 16日
定価(税込): 1037円
四六判
ISBN 978-4-04-104586-2-C8340
詳しくはこちら
陸上でもっとも大きいアフリカゾウと、気性があらいクロサイの超重量級バトルは必見! オールカラーで大迫力のまんがを読むうちに、動物知識が身につく、まったく新しい科学まんが。動物記事やクイズも充実の一冊!

角川書店