【角川書店】話題の新刊書籍




2017年

03月新刊

02月新刊

01月新刊


2016年


2015年


2014年


2013年


2012年


2011年


2010年


2009年


2008年


2007年


2006年





2011年3月新刊


■息子よ ―真実のパク・ヨンハ
オ・ヨンラン
家族の幸せを守ろうとした息子――パク・ヨンハ。母が綴る感動の物語。

発売日:2011年 03月 10日
定価(税込):1785円
四六判
ISBN 978-4-04-885091-9-C0095
詳しくはこちら

2010年6月30日急逝したパク・ヨンハ。彼の母が、最愛の息子との思い出を余すことなく綴った。ささやかな幸せを守ろうとしたひとりの青年と家族の真実の姿。未公開プライベート写真、生前のラスト・インタビュー収録


■誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀
[ 著者 ]カレル・ヴァン・ウォルフレン [ 訳者 ]井上実
最大の岐路に立つ日本政治、その権力の闇を暴く!

発売日:2011年 03月01日
定価(税込):1680円
四六判
ISBN 978-4-04-885089-6-C0031
詳しくはこちら

日本取材30年のオランダ人ジャーナリストが、「小沢一郎」問題の背後に浮かび上がる「非公式権力」と、その支配の構図を徹底解明。検察とマスコミ、そして日本の未来を問い直す刺激的論考、騒乱の渦中に緊急出版!


■県庁おもてなし課
有川浩
有川浩がカラフルに描く、史上初、ふるさとに恋する観光小説!

発売日:2011年 03月 28日
定価(税込): 1680円
四六判
ISBN 978-4-04-874182-8-C0093
詳しくはこちら

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!?

有川浩(ありかわ・ひろ)
高知県生まれ。第10回電撃小説大賞『塩の街 wish on my precious』で2004年デビュー。
2作目の『空の中』が絶賛を浴び、『図書館戦争』シリーズで大ブレイク。
雑誌「ダ・ヴィンチ(2011年1月号)の好きな恋愛小説ランキングでは 『ストーリー・セラー』が1位を獲得。
『キケン』が第1回山田風太郎賞の最終候補作品となる。
また『シアター!』を原作とした舞台「もうひとつのシアター!」では初めて脚本を執筆した。
今、もっとも面白い“物語”を生み出す。
 


■ジェノサイド
高野和明
気鋭が満を持して放つ、超弩級エンタテインメント!!

発売日:2011年 03月 30日
定価(税込): 1890円
四六判
ISBN 978-4-04-874183-5-C0093
詳しくはこちら

創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からのメールが届く。傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために、コンゴ潜入の任務を引き受ける。二人の人生が交錯するとき、驚愕の真実が明らかになる――。

高野和明(たかの・かずあき)
1964年生まれ。2001年に『13階段』で第47回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。
著書に『幽霊人命救助隊』、『夢のカルテ』(阪上仁志との共著)など。
自著のドラマ化『6時間後に君は死ぬ』では脚本・監督も務めた。
 

角川書店